確定申告は税理士に代行してもらおう!

確定申告の時期が近づいて来ると、毎年頭を悩ませる人は多いはずです。
何が悩みかと言えば、とにかく『面倒!』『書き方が分からない!』の一言でしょう。

 

 

とは言え相手は税務署、いい加減な対応は出来ませんし、まさか損をするわけにはいきません。
去年1年間で、自分がどれだけお金を稼いで、どれだけ税金を払ったのか、もしくは払うのか、それを明確にするために避けられない行為が確定申告ですよね。

 

そんな面倒かつ間違えられない業務を、代わってプロにお任せしたいというのが、確定申告の代行です。やってもらえるならお願いしたい!と思うのは当然ですが、これが実は「誰でもいいから」というわけにはいきません。

 

確定申告の代行をお願いするにあたって、とても大事なポイントを知っておきましょう。

 

・誰が代行してくれるの?

最初に浮かぶ極めて素朴な疑問が、「代行って、誰がやってくれるの?」という点ではないでしょうか。答えは「税理士」です。

 

税理士は税務の代理が出来る資格で、各種税金の申告や申請行為自体も代行することが出来ます。

 

税理士の勉強をして資格を取得した人が基本ですが、他にも税務署に23年以上勤務した人や公認会計士、弁護士などが税理士名簿に登録されると「税理士」として税務を行うことが出来るようになります。私たち依頼する側とすれば、「とにかく税理士にお願いすればOK」だと覚えておけば良いでしょう。

 

・税理士でなければいけないの?

よくあるのが、無資格の人が他人の確定申告書を作成して逮捕されるという事件です。

 

「無資格の人が・・・」と聞くと確かに犯罪だろうと思うかもしれませんが、実態は「友人に頼んで手伝ってもらった」という程度の話であることが多いのです。

 

「え?知り合いに手伝ってもらっただけでもダメなの!?」と驚くかもしれませんが、こと税金の関係ではこうしたことすら法律違反となってしまいます。これは例え無償であっても、行った人は罪になってしまいますので、軽い気持ちで誰かに相談してみようなどど思わないことが肝心です。

 

↓確定申告を代行してくれる税理士探し!


※確定申告だけ依頼できる税理士がすぐに見つかる!

 

確定申告代行の料金・費用の相場

 

税理士にお願いしようと心を決めたのは良いですが、では予算はどれくらい見ておけば良いのか、悩む人は多いでしょう。いい加減な仕事では当然困りますが、あまりにも高い費用では続きません。

 

そもそも、税理士にお願いするのが初めての場合、どれくらいの料金が安いのか高いのか、見当を付けることすら無理ですね。

 

確定申告だけとか顧問契約とか、お願いしたい仕事や契約期間によっても変わりますが、だいたいの金額を頭に入れておくことは大事なことです。

 

・個別業務の相場について

例えば、記帳代行などの作業を毎月お願いするといったように、事務処理的な作業であれば、相場としては月30,000円程度の顧問料であることが多いようです。

 

他に経営に関して経理や税務の指導をしたり、月次の監査を行ったりすると月50,000円程度、会計監査やコンサルティングなどになると月に80,000円程度になっています。

 

確定申告だけを丸投げしたい!というような人は、青色申告であればだいたい50,000円程度の契約になるようです。面倒な計算とか記入とかしっかりと仕分けして記帳する手間を全部お任せできることを考えれば安いと思います。

 

1年間に溜めた領収書の束をダンボールでドンと送って、後は丸投げでもOKというほど税理士事務所もあるので本当に楽ですね。

 

・年間契約の相場について

会社として運営しているのであれば、やはり毎年単発で行うよりは年間で契約したほうがお得です。個人事業主であれば、年商が1億円以下の場合、月に10,000円から30,000円以下が相場となっていますので、思っているよりも安い感覚ではないでしょうか?

 

1億円を超えても、月に50,000円以下なのが相場です。

 

法人の場合には5億円以下なら月額50,000円以下が相場、それを超えるようであれば月額だいたい100,000円くらいまでを考えておけば良いでしょう。これは東京税理士会のアンケート結果なので、おそらく信頼性の高い数字です。

 

・サラリーマンの副業などは格安も

例えば主となる収入は会社からもらう給料で、副業として行っている部分に関して確定申告を行わなければいけないというような場合には、電子申告などだけを代行してもらうような形になりますが、6,000円程度の単発契約ができる事もあります。

 

↓確定申告を代行してくれる税理士探し!


※確定申告だけ依頼できる税理士がすぐに見つかる!

 

確定申告の書き方が分からないから依頼したい

 

確定申告の必要性や重要性はわかったけれど、どうしても自分では出来ない、時間がないというサラリーマンやパート、アルバイトの人。

 

もしくは、今まで自分でやっていたけれど、もっと効率的な方法はないかと悩んでいる個人事業主。そんな悩みを持つ人は、確定申告だけでも税理士にお願いした方が毎年楽になりますし、事業に専念できます。

 

・楽で正確な確定申告を

確定申告の代行を依頼できる相手は、税理士になります。
そんな職業の人には会ったことも話したこともないという人は多いかもしれません。

 

自分の確定申告など、個人の小さな仕事を引き受けてくれるような人は果たしているのか?と不安に思うかもしれません。でも、そうした個人向け、小規模向けの仕事を非常に得意としている税理士を探すことも可能なのです。

 

税理士に頼めばとにかく楽ですし、何より正確ですから間違いがありません。後々トラブルになったり、税務署から何か指摘をされたりするのではなどと不安になることもありません。

 

・青色申告には税理士を

個人事業主なら、通常の申告ではなく青色申告にすることで、税理士の費用くらいはペイ出来てしまうことすらあります。青色申告は非常に税務上優遇されているので、法人ではなく事業を行っているのであれば確実に青色申告にしたほうがお得です。

 

ただし、承認を受けるための申請や記帳の義務などを実行するのに、やはり知識が足りないという辛さがあります。本業の時間を割くくらいならあきらめて、と思ってしまうかもしれませんが、そこで税理士という強い味方をつける方法もあるのです。

 

・確定申告代行の税理士はどう探す?

税理士をお願いしたいといった場合に、自分ではどうやって探せば良いのかさっぱりわからない人は多いでしょう。しかも年間の顧問契約をお願いするのではなく、確定申告だけをお願いしたいとなると、どうやって依頼先を探せば良いのかわかりません。

 

そんな時には、自分で直接税理士に当たりをつけるのではなく、無料でマッチングしてくれる紹介エージェントを利用するのが良い方法です。

 

小さな仕事でも受けてくれるかどうか不安なら、是非エージェントに登録して探してみましょう。

 

確定申告の計算方法や何が経費になるのかさっぱり分からない

仕訳とか記帳方法とかどうして良いか分からない

とにかく記帳から確定申告まで全部を丸投げしたい

青色申告なら最高65万円の特別控除が受けられる

 

↓確定申告を代行してくれる税理士探し!


※確定申告だけ依頼できる税理士がすぐに見つかる!

 

自分確定申告もできるけど難しすぎる…

 

確定申告って本当に何が何だかわからないですよね?

 

ネットで書き方とかを調べまくって自分でやる事もできるとは思いますけど、それって計算とか控除とか経費とかちゃんと自信を持って正しいと言えますか?

 

私も昔は確定申告時期になったら自分で溜めておいた領収書とかを整理をして仕分けをして色々と記帳して計算をして確定申告書に記入して提出してました・・・。

 

1週間くらいかかるので本当にキツかったです。

 

しかも数年後に税務調査が入って当時の申告で色々と間違っていた部分を指摘されて追徴課税を取られました。特に消費税の関連の簡易課税だとか計算方法とか売り上げは発生主義で付ける所とか、その辺が間違っていたようです。(※正直こんなの素人じゃ分かりません。)

 

それからは税理士紹介エージェントを使って、毎年税理士さんにお願いしているので楽チンです。

 

年1回自宅に来てもらった時に1年分の領収書とか売り上げの明細とかを渡すだけですから(※もちろん郵送で渡すだけでもOK!)これだけで、全部計算も記帳もしてくれて確定申告もそのまま代行してくれるので、終わったらメールで報告してもらうだけです。

 

初めて依頼した時はかなり確定申告の期限が迫っていても何も手を付けていない状態だったので、完全な丸投げ状態でした。かなりムチャぶりだったのですが、快く引き受けてくれました。

 

自分で確定申告をしようとしている方や確定申告のやり方が分からない方は税理士さんにお願いした方が絶対良いですね。無料で紹介してもらえるのでぜひ利用してみてください!

 

⇒税理士紹介エージェントを利用する