青色申告ってなに?

確定申告を良く知らない人でも、「青色申告」という言葉は聞いたことはないでしょうか?

 

「申告に色がついているの?何が違うの?」と思ったことがある人もいるかもしれませんね。
この青色申告について、まとめてみましょう。

 

・青色申告とは

事業所得、不動産所得を得ている人が、収入や経費を帳簿に記帳し、税金を申告する制度が青色申告です。通常の申告に比べて、青色申告は税法上特典が多いので、家族経営をしている個人事業主などは通常の申告ではなく青色申告を選ぶ人が多いですね。

 

最高65万円の特別控除や、減価償却の特例、家族で経営している場合は給与も必要経費に計上出来るなど、優遇されている内容が多いのです。

 

赤字の損失を3年繰越出来るというのも事業者にとっては大きなメリットです。

 

・承認申請書

青色申告の承認申請書というものを税務署へ提出する必要があるため、誰でも受けられるわけではないことを知っておきましょう。最高65万円の特別控除を受けようと思うなら、複式簿記で帳簿を作成し、貸借対照表や損益計算書も提出が必要となります。

 

曖昧になりがちな家族経営などでは税務署としても困るので、きちんと事業を行っている証拠がないと特別な特典は認めないということですね。

 

・その他の申告

青色申告に対して白色申告などと言われることもありますが、実際には法律上そんな言葉はなく、「青色申告以外」というように表現されるものです。つまり、細かい規定がある青色申告とは違って、記帳の義務などもなく、事前の承認申請なども必要のない通常の申告です。

 

ただし、例え青色申告でなくても、所得が300万円を超える場合にはやはり記帳は義務となり、常に提示出来るように保管しておく必要があります。

 

 

税務署としては、一定の帳簿類をきちんとつけさせたいために、いろいろな特典を用意して青色申告を奨励する立場にあります。

 

一度承認されても記帳をきちんと保存していなかった場合などは、虚偽として取り消しに合う場合もあるので、義務はきちんと果たす必要があります。